ゴルフ 半年で100の壁を越えさせ隊!

100切りを最短で達成するコツをご紹介

人は何故インサイドアウトに振れないのか?

「カット軌道になってるよ」とか

「こすってるよ」とか

「アウトサイドインになってるよ」とか

 

こーゆうのを言われた事ある人は、大多数だと思います

もちろん私もその内の1人😙💦

 

インテンショナルフックはいくらでも打てる技術はあるのに、

インサイドから下ろしてきても、

「まだアウトサイドインだよ!」って、

どーゆうことっ⁈🤯ってなってました。

 

逆に、ドローで打ってる人 意味わからない。。。とも思ってました〜〜

 

けど、今は理解できてます👌

 

いくら手はインサイドから下ろしてきても、

腕がついている『体』自体は、左に開き始めてきてしまう。

さらに、その上半身の基盤となる『腰』も左に向き始めています。

だから、手元は早い段階でターゲットラインより前方側(体の正面前方側)にきてしまっているので、カット軌道にしかボールを捕らえられなかったワケです😅どんだけ極端にインサイドから下ろしたとしても。。。

 

まずは『腰の回し方』について深く理解する必要があったのです❗️

 

で、

“インサイドアウトに振る方法”を、

この記事を読んで頂いてる方に、簡単にお伝えすると、

 

左重心にして打つ』(右打ちの場合)

これだけです❗️

 

これで何故インサイドアウトに捕らえる事ができるのかを考えていくと、かなり見えてくるはずです💡

 

今までのゴルフスウィングの矛盾が😄